100万円という高額な提示をしてくれた男の人と待ち合わせすることになりました。
これですぐ地中海クルーズに出ることができると、すっかりその気になってしまっていたために、足取りも軽く待ち合わせ場所まで出かけていったのです。
本当にワクワクした気分になっちゃってて、自然と笑顔が出ちゃっていたんです。
やっぱりインターネットの愛人掲示板なだけあるな、素晴らしい出会いを見つけられたなって感じで、ホクホク気分でした。
待ち合わせ場所でその男の人と会うことに成功して、話をしていく事になったのです。
「今日は僕の誕生日でね、できれば君からプレゼントして欲しいんだが」
唐突に言われてしまって驚いたのですが、しかし100万円をもらえるのだからという気持ちもあったので、多少の出費は設備投資みたいなものだと自分に言い聞かせたのです。
そして彼と買い物に付き合うことになったのですが、とんでもない展開になっていったのです。
私の方がお金が欲しくて男の人と会ったのにもかかわらず、その人を50万円もするブランドバックを購入して欲しいと言ってきたのです。
もちろんそんなお金なんか持ち合わせてはいないし、だいたいお金を貰う立場の私が何で支払いをしなければいけないのだろう?と本当に不思議な気分になってしまいました。
いくら何でも100万円払うから、50万円の商品を買ってくれなんてバカバカしいすぎます。
さすがにこれには腹がたってしまって、そのまま「失礼します」と一言言って立ち去ったのでした。
釈然としないまま帰宅して、いったいなんだったんだあの人はって考えてしまいました。
地中海クルーズのためにお金をもらうことができるから、待ち合わせしたのにもかかわらず、半端じゃない金額のブランド物を購入して欲しいなんて、頭おかしいんじゃないのかって感じでした。